ミニドレスから大きなドレスまで様々なドレスサイズを調べてみよう

主役を引き立てるマナー

ウーマン

結婚式などにお呼ばれした際には、来賓として失礼の内容にドレスアップをして式や披露宴に参加するのが一般的です。だれもが結婚式などに招待された時のために、ある程度は品のあるフォーマルドレスを所持していることでしょう。結婚式を始め、自分が主役ではなく来賓である場合には、服装にもマナーがあるのでコーディネートの際に意識してドレスを選ぶことが大事です。一般的に、花嫁が必ず着用するウェディングドレスと同じ色である白を着用して式に参加してはいけないというのは常識でしょう。しかし、他にも様々なマナーがあるので、式や披露宴に参加する際に恥をかかないように服装のマナーについて知りましょう。結婚式の際に来賓が着用する服装は、アフタヌーンスーツのような準礼装や略礼装であるフォーマルスーツなどを着用して参加するのが一般的です。正礼装であるアフタヌーンドレスは、式の主催者で主役の新郎新婦やその両親が着用する服装なので、来賓である方は正礼装よりも下の位である服装を着用するのがマナーとして正しいということを覚えておきましょう。
準礼装であるアフタヌーンスーツや略礼装であるフォーマルスーツは、シンプルでありながらも清楚な印象を与える服装となっています。控えめでありながらも、ある程度華やかさがあると式を華やかに見せることが出来るので良いとされているでしょう。また、ドレスのカラーで白はマナー違反という認識は暗黙の了解ですが、披露宴などの際に花嫁が着用するお色直しの際のカラードレスなどと自分のドレスが被ってしまうのも良くないと言われています。そのため、事前に花嫁の方が着るドレスの色を確認して色が被らないようにする必要があるのです。ドレスの色が被ってしまった場合、新しいドレスを用意するのも大変なので、レンタルドレスで色の被らないドレスを探してレンタルすると良いでしょう。レンタルドレスには店舗などもありますが、近年ではインターネットなどで気軽に借りられるレンタルドレス専門店のホームページなどもあるので、もしもの際には利用しましょう。